出会い系よくあるトラブル

出会い系サイトは一般的な出会いサービスとして広く普及してきました。インターネットが出来る環境であれば簡単に参加することができ、且つ効率的に出会いを探せるので年代性別問わず利用されています。

しかし出会い系サイト事業が拡大する一方で、人気サービス故のトラブルも多発してきているのです。最近少しずつニュースなどで耳にする機会も増えてきたように、出会い系サイトを巡った問題点も色々生じてきています。

当然トラブルは避けたいですよね。そのためにはまず、出会い系サイトを巡ってどんなトラブルが起こっているか、その原因、退避法を知る必要があります。このページでより代表的なものをご紹介していきますので、しっかりと対処法を身に付け出会いに備えてください。

出会い系トラブル1:無料出会い系での高額請求

出会い系サイトには無料でサービスを提供しているところもあります。無料なので気軽に利用でき人気も高いのですが、その裏で「請求」に関するトラブルも多発しているのです。

なぜ無料出会い系サイトで「請求トラブル」が起きるのか?これは一部の無料出会い系サイトが「無料」を盾に会員を募り、そこから上手く系列の有料サイトへ誘導しているからなのです。そのまま利用者が気付かずに利用を続けると、いつしか有料サイトでの使用料が発生している…というカラクリになっています。

そんな悪質無料サイトに登録してしまうと、直後から大量のメールが届きます。更にメール内に怪しいホームページのアドレスが書かれてあり、安易にクリックしてしまうと身に覚えのない高額請求へと繋がってしまうのです。ですからいくら無料と言っても安々と登録する前に、インターネットなどで評判を調べてみることをお薦めします。無料の出会い系サイトが今一番危険であるということを、覚えておいてください。

出会い系トラブル2:サクラ被害

出会い系はメールを通じて相手の会員と仲良くなり出会いへ繋げる、というサービスですが、残念なことに出会い系には「サクラ」と呼ばれる存在がいます。サクラとはメールをするためだけの存在で、結論から言うと会えません。

多くの場合は業者がサイトを盛り上げるために雇ったアルバイトで、男性会員からの返信メールによって給料を得ています。他にも単なる冷やかし目的のサクラもいます。冷やかしのサクラであれば、ひょっとすると会話次第で会えるようになるかもしれませんが、業者のサクラの場合はどれだけメールを続けても絶対に会えないので、言わずもがな男性側が損をします。

しかし、サクラはある程度見分けることが出来ます。巧妙な手口にはいくつかパターンがあるので、まずはそれを抑えることです。サクラはとにかく「メールを多く貰う」事を目的とし会話自体に重きを置いていないので、その都度その都度話しがコロコロ変わったりします。「先月は○○が好きだと言っていたのにもう気が変わっている」や、「過去にこちらがした話しを覚えていない」など会話に違和感を覚えてきたらサクラを疑った方がよいでしょう。

他に、やたら性的な言葉で相手の気を引こうとするのもサクラの可能性があります。普通の女性会員ならそういう事を言うかどうか想像してみると早いです。まるで客引きをする風俗嬢のように手慣れた様子で近付いてきたら、どれだけ美味しそうな匂いがしてもサクラを疑ってください。

出会い系トラブル3:美人局

「つつもたせ」と読みますが、これは非常に悪質です。出会い系サイトそのものではなく、出会い系を利用した一般人、もしくは組織による立派な犯罪です。

まず出会い系を利用してメールで相手を探します。好意を持ったかのように見せかけ外で会おうという話しに持っていきます。そして現れた相手に対して性的な誘惑を持ちかけます。一件合意の上で何ら犯罪性のないように思えますが…この後が問題です。

ことが済むとどこからともなく数人の仲間が現れます。いわゆる用心棒というやつですが、すでに作られてしまった既成事実をもとに言いがかりをつけ、金品を恐喝してきます。特に中高年以上の男性がターゲットになる場合が多く、とても警戒が必要です。

ではどう予防すればいいのか。美人局は男性の心理につけこみます。例えば突然メールをくれたのが若い女性で、内容もとても大胆なもの、こちらにも好意を持っていて具体的に会う約束などもしてきた…願ってもない話ですね。ですが、話がうますぎると思いませんか?明らかに「エサ」です。プロフィールに顔写真が乗せられる出会い系サイトでは特に要注意。最悪の場合、何も既成事実がないまま待ち合わせの場所に行っただけで囲まれる、ということもあります。うますぎる話には十分気を付けてください。一般の女性はそこまでスムーズに話しは進みません。

出会い系トラブル4:援助交際、児童買春

美人局同様、出会い系を利用した一般人や組織による犯罪の一つに援助交際、児童買春があります。ご存知のように18歳未満の児童に対する性的な行為を罰する法律です。出会い系サイトでなくても耳にしますが、最近は出会い系を利用したこの手の犯罪が増えてきているのです。被害、といってもいいかもしれません。

なぜ被害になるかと言うと、もちろん事実が起こってしまってからは男性側に処罰が与えられてしまいますが、出会い系を利用したこの手の犯罪では最近「未成年だと知らなかった」という場合が増えてきているのです。出会い系では容易に自分を偽ることができます。特に利用料金のかからない女性は年齢さえも誤魔化せてしまう場合があります。そうとは知らず自称ハタチの女性と外で会って性的な関係を持ってしまった…しかしそれは実は未成年だった。たとえ事情を知らずとも、起こしてしまったことは取り消せませんので、悲しいかな男性側も処罰されてしまいます。

援助交際の場合はおおっぴらに誘ってくる場合があります。言葉巧みに誘惑してきても援助交際は犯罪です。耳を貸さないようにしてください。

これらのことを避けるには、相手の年齢をよくチェックすることです。と言っても17歳と18歳では見た目にも全く差がありません。とにかく会ってみて少しでも「若いな」と感じたら、年齢を保障できるものを見せてもらうようにしてください。

中高年シニア人気の出会い系紹介

中高年シニア世代に人気の出会い系サイトです。

1位:
PCMAX(18禁)
出会い系PCMAX
既婚女性に人気高く、人妻さんと出会えたという報告が多く届いています。
2位: イククル(18禁)
出会い系イククル
男女問わず気軽な雰囲気で出会いを楽しめるサイトです。
3位:デジカフェ出会い系デジカフェ 日記を書きながら出会いを楽しめると言う、コミュニティ色の強い新しいタイプの出会い系サイトです。
4位:ハッピーメール【18禁】 使いやすく男女バランスも良いサイトです。
5位:出会いネット 気軽に始められる初心者人気の出会い系サイトです。


免責事項

中高年シニア出会いパートナー探しは、出会いに関する情報を取り扱う指南サイトですが、当サイトに掲載されてある全ての情報においては、その真偽を保障しておりません。
リンク先ページでのいかなるトラブルや損害においても当サイトでは保障致しかねますので、あらかじめご了承ください。
当サイト内の画像や文章を無断で複製、使用することを禁止致します。